プラスティック、それぞれの魅力

プラスティックフレームをセルフレームと呼んでしまうほど、プラスチックフレームといえば「セルロイド」と広く認識されています。これは、プラスチックフレームが出始めた当初はセルロイドで作られていた名残りですが、近頃のプラスチックフレームはアセテート製の方が多くなっています。


■金子眼鏡 セルロイドシリーズ

象牙の代用品として作られたセルロイドは、1950年代まで多くの生活用品にも使われていましたが、可燃性の高さから、徐々に姿を消していきました。とはいえ、ご安心ください。170度前後で発火するので、日常生活でメガネを使用されるには安全な素材です。


しっとりとした肌触りや独特の光沢が魅力です。しっかり乾燥させたセルロイドは強度が高く、ノー芯といわれる技法でテンプルに芯を入れなくても変形がしにくい程。アセテートが主流の今、独特の風合いなどセルロイドの良さが見直され人気の衰えない素材です。


■金子眼鏡 アセテートシリーズ


アセテートは何と言っても色と柄の豊富さが魅力で、透明度が高いのでクリアの発色もキレイです。そして、軽量で柔軟性があり、取り扱いやすさが特徴です。セルロイドの取扱いの難しさをクリアしたアセテートが、今ではプラスチックフレームの中心になっています。


どちらも自然素材から作られる植物繊維なので、肌にも環境にもやさしいエシカルな素材です。

強度や独特な風合いが所有欲をくすぐる『セルロイド』、豊富なカラーと柄で掛ける事が楽しくなる『アセテート』どちらもプレスチックフレームの魅力を最大限に活かしてくれる素材です。


プラスチックフレームの魅力を体感されに、是非お立ち寄りください。

ご来店をお待ちしています。


■上:金子眼鏡

Model:KC-33

Color :BK

Price :30,000+tax


■下:金子眼鏡

Model:KA-12

Color :BRS

Price :34,000+tax



FEATURED POSTS
RECENT POSTS
TAGS
Opticien Loyd 公式ホームページロゴsmall

Copyright © KANEKO OPTICAL CO.,LTD. All rights reserved